横田めぐみさんたち北朝鮮拉致被害者の早期救出と政府未認定の・・・
「食料・農業・農村基本計画」見直しに関する意見書
農産物検査制度の見直しを求める意見書
会議録区分 本会議  会議録名称 平成17年 2月定例会 本会議 
議案名称農産物検査制度の見直しを求める意見書

              意 見 書 案 提 出 書
意見書案第3号
          農産物検査制度の見直しを求める意見書
 上記の意見書案を別紙のとおり会議規則第8条第1項の規定により提出します。
                平成17年 3月 9日
                 提 出 者  秋田県議会議員全員
 秋田県議会議長  鈴 木 洋 一  殿
理   由
 現在の農産物検査法は主として外観を重視した検査となっており、特に玄米検査においては、精米してしまうと当初の玄米検査の結果が消滅してしまうなどの問題が生じていることから、農産物規格規定に係る検査項目等について見直すことを国に求める必要がある。



───────────────────────────────────────


          農産物検査制度の見直しを求める意見書
 食の安全・安心が求められている現在、農産物検査法は農産物の公正かつ円滑な取引とその品質の改善を助長し、あわせて農家経済の発展と農産物消費の合理化に寄与することを目的としており、そのことは生産者と消費者双方にとって大切なことである。
 しかしながら、現在の農産物検査法は主として外観を重視した検査であり、特に玄米検査においては、精米してしまうと当初の玄米検査の結果が消滅してしまうなど、品位の格付けである等級評価が消費者段階の表示に反映されないという状況もある。
 また、生産者側としては、一等米の条件を確保するために農薬を必要以上に散布し、これが水田生態系に悪影響を与える可能性も考えられる。
 こうした問題は本来の農産物検査制度の趣旨を損なうことになり、国民の食の安全・安心に関心が高まっている状況を考えれば早急な見直しが必要である。
 よって、国においては、農産物検査法の農産物規格規定に係る検査項目等について見直しを図られることを強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により提出する。
  平成  年  月  日
                   秋田県議会議長 鈴 木 洋 一
衆議院議長 
参議院議長 
内閣総理大臣  あて
農林水産大臣 
食品安全担当大臣 

ページトップへ