美の国あきたホーム秋田県議会定例会・臨時会の概要>平成29年第1回定例会(7月6日本会議)
美の国あきたホーム組織別案内秋田県議会定例会・臨時会の概要>平成29年第1回定例会(7月6日本会議)
ライブ中継
議会事務局トップページ
議長あいさつ
議長・副議長の行事予定
議員紹介
審議日程
代表・一般質問の項目
会議録閲覧
会議録検索
議会広報
議会からのお知らせ
リンク集
アクセスマップ
定例会・臨時会の概要

平成29年第1回定例会(7月6日本会議)の概要


「第2期ふるさと秋田元気創造プラン」及び「あきた未来総合戦略」に基づく事業など補正予算案を可決

 平成29年第1回定例会6月議会が、6月13日から7月6日までの24日間の日程で開催されました。
 初日の本会議では、知事から、本県の人口減少への対応については、社会減を半減させ、さらに解消を目指す「攻め」と、人口減少下にあっても、県民が安全・安心に暮らせる環境を維持する「守り」の両面から施策を展開していくとし、今回新たに「攻め」の施策としての「人材確保」を挙げ、多様な人材の確保・定着に向けた取組をきめ細やかに進め、人材の県内定着に努めていくとした。「人口減少」と「少子高齢化」については、地道な取組を息長く継続していくことが肝要であり、市町村や産業界、教育界などあらゆる主体と共に、人口減少への危機感と地方創生の意義を共有しながら、その克服に向け、一丸となって取り組んでいくとしました。
 また、知事選を控え骨格予算として編成した当初予算への肉付けとして、「第2期ふるさと秋田元気創造プラン」における取組や、「あきた未来総合戦略」に掲げる基本目標の達成に向けた事業、公共事業について計上した、一般会計補正予算案などについての説明が行われました。
 一般質問では、9人の議員が人口減少対策、産業振興政策、雇用対策、クマ被害防止対策などについて質問を行い、県当局の説明を求めました。
 議案等は、予算特別委員会及び各常任委員会の審査を経て、補正予算案など31件(予算案2件、条例案6件、その他22件、意見書案1件)が原案どおり可決され、人事案3件が同意されました。
 これをもって、第1回定例会は2月7日から7月6日までの150日間の会期を終え、閉会しました。


 第1回定例会《7月6日本会議》で可決された議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成29年度秋田県一般会計補正予算(第4号)
 ・一般会計の補正額    243億1,108万円
 ・補正後の額      5,885億6,017万円
 ・前年度6月補正後予算との対比   3.5%減
 ・補正予算の主な事業
 ものづくり中核企業成長戦略推進事業、がんばる中小企業応援事業、あきた企業立地促進助成事業、新技術で創る秋田型周年園芸推進事業、秋田のしいたけ販売三冠王獲得事業、林業・木材産業構造改革事業、秋田のインバウンド誘客促進事業、奥羽・羽越新幹線整備促進事業、首都圏新卒者向け県内就職促進事業、秋田県建設産業担い手確保育成センター事業、高齢化社会に対応した医療提供体制推進事業、手話等普及啓発促進事業 など

●秋田県監査委員の選任
 川村 和夫(かわむら かずお)氏(新任)について同意

●秋田県公安委員会の委員の任命
 安藤巳智子(あんどうみちこ)氏(再任)について同意

●秋田県収用委員会の委員及び予備委員の任命
 山本尚子(やまもとしょうこ)氏(新任)、佐々木俊幸(ささきとしゆき)氏(新任)、近藤悦応(こんどうえつおう)氏(新任)、を委員、橋佑輔(たかはしゆうすけ)氏(新任)を予備委員について同意

●秋田県県税条例の一部を改正する条例
 地方税法の一部改正に伴い、不動産取得税の課税標準の算定上控除する額の引上げ等を行うもの。

平成29年第1回定例会《7月6日本会議》 各議員の表決状況はこちら(平成29年7月6日版)
○アドビ社 Acrobat Reader が必要な方は、こちらで無償配布されていますアクロバットリーダー